ANA VISAのボーナスポイントを効率よくANAマイルに移行する方法

2018年1月31日まで、ApplePayの利用でボーナスポイント10倍キャンペーンを実施中。詳しくはこちらの記事から!

2017年10月1日より、Pexからメトロポイントへの移行手数料無料化に伴い、記事を一部修正しました。

三井住友カードの発行する、ANA VISA/MASTER系のカードは、リボ払いやポイントUPモール等の買い物でボーナスポイントを獲得することが出来ます。

ボーナスポイントをANAマイルに移行する

ボーナスポイントは普通に交換すると1ポイント3マイルで交換することが出来ます。

61e6cee6

例えば1,000ポイントだと、3,000マイルとなります。
しかし、他のポイントサイトを経由するともっとマイルを貯めることができます。

① Gポイントへ移行する

Gポイントへ移行すると、1ポイントを5Gポイントに交換することが出来ます。

ボーナスポイント1,000ポイントの場合、以下の通りに交換することが可能です。(画像はポイ探から引用)

上記のGポイントから東京メトロのメトロポイントへの移行は交換手数料5%が考慮されていますが、Gポイントで広告利用等によりキャッシュバックされます。

また、東京メトロポイントからANAマイルへの移行は「ソラチカカード」取得が前提となりますが、1,000ポイントで3,000マイル(直接交換)だったのが、4,230マイルになります!

② Pexポイントへ移行する

Pexポイントへの交換も出来ます。1ポイント10Pexポイントに交換することが出来ます。(ポイント数が1桁変わりますが、ポイントの価値は変わりません。)

同様に、ボーナスポイント1,000ポイントだった場合、以下の通り交換することが出来ます。(画像はポイ探から引用)

こちらは1,000ポイントが4,500マイルになり、直接ANAマイルに交換するよりもお得に交換するよりもお得に交換できますね。また、2017年10月よりメトロポイントへの交換手数料が無条件で無料となっています。

Gポイント?Pex?どちらに交換した方がオトク?

前述したようにGポイントは交換時に5%の手数料がかかります。(別途広告利用でキャッシュバックされます)一方、Pexは2017年10月から交換手数料が無料となっています(以前は交換手数料500Pexポイント必要だった)。つまり、現時点ではPexを経由する方がお得にマイルへ移行することができます。Gポイントは広告利用することによってキャッシュバックされますので、Gポイントをメインで利用されている方はGポイントでも良いかもしれません。

ANA VISAのボーナスポイントだけ移行するには?

私のように、カードのポイントを自動移行ではなく都度移行する設定にしている場合は、通常ポイントとボーナスポイントが貯まっています。Gポイントに移行する際にボーナスポイントだけを移行したい場合はどうすれば良いのでしょうか。毎月のポイント獲得明細に以下の通り記載がありました。

e27fed12

「マイル移行以外にポイント使用時は、ボーナス・プレミアムポイントを古い順に減算した後、獲得ポイントを古い順に減算します。」
ということですので、ボーナスポイントから優先的に移行されます。

ボーナスポイントをGポイントに移行する

実際にANA VISA/MASTERカードのボーナス・プレミアムポイントをGポイントに移行してみます。

5b947dce

ほとんどANAマイルに移行済みなのでポイントはそんなにたくさん貯まっていません(笑)
Gポイントに移行します。

c11f69ab

Gポイントへの移行は即時反映されます。(下はGポイントサイトのポイント通帳画面)

02125273

交換完了です。
さて、移行された後のポイントを見てみましょう。

ce6b75c4

通常ポイントはそのままで、729ポイントあったボーナスポイントが29ポイントに減っていることが確認できました。

メトロポイントへ移行する

Gポイントに以降後はメトロポイントに移行します。メトロポイントへの以降は、Gポイントのサイトからポイント交換→車・鉄道→メトロポイントの順で交換ページに移動します。

Gポイント最小交換ポイントは100ポイント以上で100ポイント単位での交換となります。また、交換時期によってメトロポイントへの加算時期が異なります。

※メトロポイントの加算タイミングについて
・Gポイントからの交換を毎月15日までに申請すると、翌月の11日にメトロポイントが利用できるようになります。
・16日以降に交換を申請した場合は、翌々月の11日にメトロポイントが利用可能になります。

当月15日までにGポイントからメトロポイントへの交換申請を行い、翌月11日に加算されるタイミングが最短で交換できる方法となります。交換タイミングによって加算時期が異なるため、交換完了日は1〜2ヶ月後となっています。

約1ヶ月後にメトロポイントにへの加算が確認できたら次はANAマイルへの移行申請を行います。メトロポイントからANAマイルへの交換方法は以下の記事にも記載していますので、参考にどうぞ!

年間20万マイル以上貯めて、国内・海外旅行をタダで満喫するための効率的なANAマイル獲得方法をまとめています。