年間20万マイル以上を実現するANAマイルの貯め方

私は年1回以上は海外旅行に行っています。もともと、ボーナスが出た時のご褒美として旅行をしていてマイルが貯まっても4,000マイル程度(主に東南アジア)。そもそもマイルを貯めること自体を気にすることは無かったのですが、劇的なマイルを貯める方法を実践してからはマイルのことばかり考えています。(というのは言いすぎですが・・・)

まず、マイルの貯め方は、大きく以下の通りに分類されます。

1.フライトでマイルを貯める

その名の通り、ANAの飛行機に乗ると、購入した搭乗券の種類や座席クラス(エコノミー、ビジネス、ファースト)等によって貯まるマイル数が異なります。これが一般的なマイルのため方になります。ただし、ANAマイレージクラブカードが必要となりますので申込をしておきましょう。

2.クレジットカードでマイルを貯める

普段の買い物をクレジットカードで支払うことでマイルを貯めることができます。例えば、NTTカード、セブンカード、エポスカードでも貯まったポイントをマイルに移行することは出来るのですが、あまり還元率が良くありません。ANAカードであれば100円=1マイル(プラチナカードは100円=最大2.5マイル)という換算率でマイルを貯めることができます。また、ANAカード提携店では、クレジットカードのポイント以外にANAのボーナスマイルが付与されますので、クレジットカードの場合はANAカードがオススメです。

3.他のポイントサービスからマイルを貯める

Tポイントや楽天スーパーポイントなど、他で貯めているポイントをマイルに移行する方法となります。基本的にポイント価値は半減してしまいます。ただし、他のルートでもANAマイルに移行出来るようなポイントはもっとお得に移行することができます。そちらについては後述します。

マイルを貯めてタダで海外旅行に、ビジネスクラスにも!

では、マイルを貯めるとどのように利用できるのでしょうか。マイルは、特典航空券として利用することで、航空券代が無料で国内・海外旅行に行くことができます。特典航空券は行先によって必要なマイル数が異なります。以下に主な旅行先の例をあげます。

国内線は片道5,000マイルから特典航空券に交換が可能です。日程によってL(ローシーズン)、R(レギュラーシーズン)、H(ハイシーズン)に分かれており、シーズンによって必要なマイル数が異なります。(日程は各年毎に設定が変わりますので、ANAのホームページで確認が必要です)

対象路線特典交換必要マイル数
片道:1区間往復:2区間
東京秋田、庄内、仙台、新潟、大島、八丈島、富山、
小松、能登、名古屋、大阪
L 5,000
R 6,000
H 7,500
L 10,000
R 12,000
H 15,000
大阪萩・石見、松山、高知、福岡、大分、熊本、宮崎
沖縄宮古、石垣
東京沖縄L 7,000
R 9,000
H 10,500
L 14,000
R 18,000
H 21,000
大阪石垣
大阪宮古
名古屋沖縄
東京石垣L 8,500
R 10,000
H 11,500
L 17,000
R 20,000
H 23,000
東京宮古
名古屋石垣
札幌沖縄

国際線は、往復12,000マイルから交換が可能となります。ただし、燃油サーチャージ、空港使用料、税等の付加費用についてはご自身で負担しなくてはなりません(あくまで航空券に交換できるだけ)

出発地域と到着地域をゾーンごとに分けており、少々複雑です。以下に主な地域の必要マイル数を記載しています。(詳細はANAホームページを確認)

対象路線(日本発路線)特典交換必要マイル数(往復)
エコノミービジネスファースト
【Zone2】
韓国(ソウル)
L 12,000
R 15,000
H 18,000
L 25,000
R 30,000
H 33,000
【Zone3】
北京、上海、香港、台北、マニラ等
L 17,000
R 20,000
H 23,000
L 35,000
R 40,000
H 43,000
【Zone4】
シンガポール、バンコク、ホーチミン、
ヤンゴン、デリー、プノンペン等
L 30,000
R 35,000
H 38,000
L 55,000
R 60,000
H 63,000
L 105,000
R105,000
H 114,000
【Zone5】
ハワイ
L 35,000
R 40,000
H 43,000
L 60,000
R 65,000
H 68,000
【Zone6】
ロサンゼルス、サンフランシスコ、シアトル、
ワシントン、ニューヨーク、バンクーバー等
L 40,000
R 50,000
H 55,000
L 75,000
R 85,000
H 90,000
L 150,000
R 150,000
H 165,000
【Zone7】
ロンドン、パリ、ミュンヘン等
L 45,000
R 55,000
H 60,000
L 80,000
R 90,000
H 95,000
L 165,000
R 165,000
H 180,000
【Zone10】
シドニー
L 37,000
R 45,000
H 50,000
L 65,000
R 75,000
H 80,000

特典航空券に変えられなくても、航空券の割引に使えるANA SKYコイン

特典航空券は必ず入手することが出来るわけではなく、航空会社が割り当てた特典航空券用の座席数が満席となると利用できなくなる他、繁忙期については利用できない期間が存在します。その際は、マイルからANA SKYコインに交換することで航空券代を割引することができます。ANA SKYコインは燃油サーチャージ代等の付加費用にも使えることからマイルがあれば無料で購入することも可能です。更に、搭乗マイルが貯まります。(特典航空券はマイルは付与されない)

大量のマイルを貯める方法の鍵はポイントサイト

さて、やっとここからが本題です。(前段が長くてすみません・・・)

大量にマイルを貯める方法、それはポイントサイトからのマイル移行です!

クレジットカードは決済に応じてポイントが貯まりますが、爆発的にマイルを貯めることはできません。しかし、ポイントサイトであればそれが可能となります。

まずはポイントサイトに登録するのですが、仕組みから見てみましょう。ここではハピタスを例にとって見てみましょう。
ポイントサイト(ハピタス)—-(1.0倍)—-> .money —-(1.0倍)—->メトロポイント—-(0.9倍)—->ANAマイル
とポイントを移行していきます。
つまり、ポイントサイトで10,000ポイント貯めると9,000マイルになるってことですね!

ただ、赤字で示した0.9倍を実現するには、ANAカードのうち、ANA ToMeACARD(ソラチカカード)は必須となります。ポイントが貯まる頃までには作っておきたいカードです。

申し込んだのがいつだったか忘れてしまうくらい(いや、正直毎日いつ届くかわくわくしてたけど)、遅い到着となったソラチカカード。シルバーウィークと重なってしまったこともあって仕方ないとは思っていますが、つ...

STEP1:早速ポイントサイトに登録

早速、ポイントサイトに登録しましょう。もちろん登録は無料です!
上の図のように3つのポイントサイトを登録することをおすすめしますが、最低でも比較的高還元率なハピタスには登録すべきです。登録方法は以下にも記載しています。

ANAの上級会員を目指し、少しでも費用を安くするためにはマイルを貯めてスカイコイン化し、航空券を買うことがオススメです。上級会員になった後でも、マイルを特典航空券にして毎年タダで海外旅行するこ...

ハピタスからポイント移行する交換先の.moneyも合わせて登録しておきましょう。.moneyはAmebaが運営するポイントサイトです。既に登録されている方もいるのではないでしょうか。

STEP2:ポイントを貯めよう!

ポイントサイトに登録したら、ポイントの貯め方はこんな感じ。
①クレジットカード、口座開設、保険相談等の申し込みで貯める(一気に貯まります!)
②無料会員登録で貯める
③アプリをインストールして貯める
④ネットショッピングで貯める
⑤アンケートやCMを見て貯める
①〜③はかなりのポイントが貯まります。しかし、一度限りとなることからポイントの恩恵は最初だけとなります。
④はネットショッピングしている方ならポイントサイト経由で買い物しなきゃもったいない!!
なぜならポイント二重取り出来るチャンスでもあるからです。
例えば、Yahoo!や楽天でポイントサイト経由で利用した場合、Tポイントや楽天スーパーポイントと、更にポイントサイトのポイントも付きます。更に、クレジットカードで支払いすればカード会社のポイントも付いてポイント3重取りになります!

ネットで買い物しようと考えている方は、今から買おうとしているサイトがポイントサイトに登録されていないか確認してみましょう。

参考に私が最近ハピタス経由で買い物したものを紹介します。1ポイント1円の換算率で交換出来ますし、ソラチカカードがあれば1ポイント0.9ANAマイルの換算率で交換することも出来ますよ!Yahoo!、楽天、ふるさと納税サイト、Expediaだけでなく、クレジットカード発行や銀行の口座開設によるポイント付与、じゃらん、楽天トラベル、Agoda等のホテルサイト、保険相談などもあります。(念のため、日付だけ伏せてあります。)

ポイントサイト経由のショッピングについては、以前のエントリー「ANAマイル獲得比較(ネットショッピング)」にも記載していますのでぜひご一読を。

⑤はもう少しで交換単位になるのに!!っていういざという時にやればいいと思いますが、ちりも積もれば山となるともいうのでコツコツやるのも良いでしょう。

STEP3:ポイントの移行

ポイントが貯まったらポイントを移行しましょう。

1.ハピタス→.moneyへポイント移行

まずは、ハピタスのポイントを.moneyのギフトコードに交換します。

ハピタスでの交換申請後、3営業日後にドットマネーギフトコードがハピタスから発行されます。ハピタスのメッセージに交換完了のお知らせが来ますので.moneyのサイトでギフトコードを入力してポイントを貯めましょう。

赤枠で囲ったURLをクリックすると、.moneyのサイトに飛び、簡単に.moneyへポイント移行することができます。

2. .money→メトロポイントへポイント移行

次に.moneyからメトロポイントへ移行します。.moneyのホームページからポイントを使うを選び、メトロポイントへのポイント移行を選択します。

交換時期によって、メトロポイントへの移行は1〜2ヶ月かかります。

3 メトロポイントからANAマイルへポイント移行

次に、メトロポイントからANAマイルに交換します。メトロポイントのサイトから、ANAマイルへの交換申請をします。まず、メトロポイントサイトにログインし、メトロポイント移行申請を選択します。

メトロポイント移行先をANAマイレージクラブを選択し交換申請をするだけです。

メトロポイントからANAマイルへの交換は最短でも1ヶ月かかります。交換完了後はANAのマイレージサイトに反映されています。

メトロポイントからANAマイルへの移行は毎月18,000マイル

ハピタスのポイントを30,000ポイント以上ためていたとしても、ハピタスの1ヶ月のポイント交換上限が30,000ポイントとなるため、.moneyへの移行も30,000ポイントまでとなります。
更に、メトロポイントからANAマイルへの移行は毎月20,000メトロポイントまでとなっており、0.9倍の18,000マイルが毎月の上限となります。
すると、.moneyのポイント10,000ポイントが余る事となります。この10,000ポイントは来月に回すか、.moneyからTポイントに移行しANAマイルに交換(×0.5倍ですが)することも出来るので、TポイントからANAマイルに5,000マイル貯めることができ、1ヶ月の最高は23,000マイルとなることとなります。

タダで飛行機で旅行ができる!

これで1年間だと276,000マイル貯まることになるんですね。貯まったマイルを先程の特典航空券に変えれば、タダでハワイのビジネスクラスはもちろん、アメリカやイギリスへファーストクラスで行くことだって夢じゃなくなるんです!

重要なのはクレジットカード発行とネットショッピング

Yahoo!や楽天のポイントが貯まれば、ANAマイルにもなりますし、そのまま次回のショッピングの割引としても使えると思います。上手くポイントサイトを活用してマイルをガンガンためていきましょう!!

ハピタスへの登録はこちらから!

ここからハピタスに無料会員登録でもれなく30ポイント(30円分=27マイル分)貰えます!
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

こちらもオススメ

ANAの上級会員を目指し、少しでも費用を安くするためにはマイルを貯めてスカイコイン化し、航空券を買うことがオススメです。上級会員になった後でも、マイルを特典航空券にして毎年タダで海外旅行するこ...
2017年7月17日:ANA VISAボーナスポイントの移行先としてPexを追加、ボーナスポイントのGポイント移行率変更を反映しました。ANAの上級会員であるSFCを自己負担少なく獲得できるの...