効率的なマイルのため方はこちらから

各ポイントサイトからメトロポイントへの交換が終了へ。今後のANAマイル移行方法は?

既にご存知の方も多く、当サイトでは記事にするのがとても遅くなってしまいましたが、遂に各ポイントサイトからメトロポイントへの交換が終了することになりました。

ポイントサイトからメトロポイントへの交換が2018年3月31日をもって終了へ

詳細については、東京メトロToMeCARDサイトからご覧いただきたいと思いますが、上記の通り、ネットマイル、PeX、Gポイント、ドットマネーとの提携サービスが2018年3月31日をもって終了し、各ポイントからメトロポイントへの交換サービスも出来なくなるとのこと。

当サイトでは、主にハピタス→ドットマネー→メトロポイント→ANAマイルという移行ルートでANAマイルを貯める貯め方を紹介してきました。しかし、3月31日にはドットマネーからメトロポイントへの移行が終了してしまいます。また、ANA VISA/MASTERカードのボーナスポイントをGポイントかPeX→メトロポイント→ANAマイルという移行ルートで通常よりもANAマイルへの還元率アップする方法もお伝えしていましたが、こちらもGポイント、PeXからメトロポイントへの移行が終了してしまいます。

メトロポイントを提携ポイント移行で貯める方法は

2018年1月現在、メトロポイントへ移行できるポイントはANAマイルを含めて8通りあります。

ソラチカカード(ANA To Me CARD)をお持ちの方は、メトロポイントからANAマイルに交換しようとしている方が多いと思いますので、実質は7通りになりますね。このうち、上記で紹介した4つのポイントサイトからメトロポイントへの移行が3月31日をもって終了することとなり、メトロポイントを経由してANAマイルへ交換できる提携先は3つになります。

残った提携先からメトロポイントへの移行を考える

提携が終了しない残りのポイント移行元を使って、ポイントサイトからメトロポイントを経由してANAマイルに交換すると、どのような移行ルートで移行率はどれくらいになるのかをポイ探を使って算出してみます。(ここでは当サイトで紹介しているハピタスポイントを10,000ポイント移行すると想定して算出します)今回はANAマイルへの移行を考えますので、ANAマイルからメトロポイントへの移行は考えません。また、レッツエンジョイ東京のおでかけポイントについては、ポイントサイトからの移行が出来ないことから検討対象外とします。となると、メトロポイントへ交換できる提携先は、gooポイントとLINEポイントの2種類しかありませんね。

gooポイントからメトロポイントへの移行

ハピタスポイントからgooポイントへの移行は以下の通りのルートで交換出来ます。

この時点でgooポイントが9,900ポイントとなりました。(PeXからセシールへの移行は別途500PeXポイントが必要)gooポイントからメトロポイントへの移行はgooポイント200ポイント→100メトロポイントとなるため、ポイント価値は半減。さらにソラチカカードでメトロポイントからANAマイルへも90%の移行となります

10,000ハピタスポイントは4,410マイルとなりました。(交換率44.1%)これだと、ハピタス→PeX→ANA VISA/MASTER(三井住友)ボーナスポイント→ANAのルートの方が交換率が良いです。(交換率59.4%)

ということで、gooポイントに移行は交換率が低く、もったいない結果となってしまいました。

LINEポイントからメトロポイントへの移行

ハピタスポイントからLINEポイントへは以下のルートで移行出来ます。

上の移行ルートを見ると分かる通り、ANA VISA/MASTERのボーナスポイントの移行の場合、ボーナスポイント→Gポイント→LINEポイントのルートで利用できます。

以下の通り、1,000LINEポイントは1,000メトロポイントに交換することができます。

ということで、9,000LINEポイントは9,000メトロポイントに交換でき、メトロポイントはソラチカカードを使って100ポイント90ANAマイルの移行率になるため、9,000メトロポイントは8,100ANAマイルとなりました。(交換率81%)

2018年4月からはLINEポイント経由で81%で移行する

前述したとおり、メトロポイントを利用したANAマイルの移行はLINEポイントを経由して81%の交換率でポイントサイトからマイルを貯めることができます。現在、各種ポイントサイトからのANAマイルへの移行は90%であり、最近はポイントサイトからメトロポイント経由でANAマイルを貯める方も多くなってきました。その中での代表的なポイントサイトとの提携終了はANAマイルを貯める方にはとても大きな影響になるかもしれません。しかし、代替ルートでも80%以上の移行率でANAマイルに交換できることから、まだまだポイントサイトの存在は大きいと思います。

しかし、今後はLINEポイントからのルートもいつ終了になるか分かりません。また、メトロポイントからANAマイルへの交換率が変更となる場合もあります。3月31日まではドットマネーなどのポイントサイトを経由したメトロポイントへの移行を重視し、4月移行はLINEポイントへの移行を進め、途中でポイントを溜め込むのではなく、出来るだけメトロポイントへの交換、ANAマイルへの交換を行っておく事が重要ですね。(メトロポイントからANAマイルへは毎月20,000メトロポイントまで、今年度貯めたポイントの有効期限は翌翌年度末までを考慮して上手く移行するようにしたいですね)

その他、ANA VISA nimocaカードでポイントサイトからANAマイルへの交換率70%という交換方法もあります。今後もポイントサイトや各種クレジットカード等のポイントを考慮して上手くANAマイルに交換していきたいですね。

コメント