メルボルン旅行で爆発的にPPが貯まりました!

AirChina

メルボルンは観光もきちんとした旅行になりました。SFCのこと忘れてしまいそうでした。今回は、エアチャイナのビジネスクラスに乗りましたので、1回の旅程で爆発的にPPを貯めることができました。

スポンサーリンク

エアチャイナビジネスなら125%!

エアチャイナのビジネスクラスは私の場合、Jクラスでしたので、マイルは125%、プレミアムポイントも125%貯まります。

実は旅行前に以下のとおりに計算していました。

まず、HND-PEK間の区間基本マイルは1,313マイルなので、

1,313×125%=1641PPですが、更に搭乗ポイントの400PPが加算されて、2,041PPです。

次にPEK-MELの区間基本マイルは5,671マイルなので、

5,671×125%=7,088PPでこちらも搭乗ポイントが加算されて7,488PPになります。

(2,041PP+7,488PP)×2(往復)=19,058PPになりそうだと予想していました。ただ、エアチャイナですし、きちんとマイルが加算されるかも不安でしたが・・・。結果は・・・

メルボルンマイル&PP

若干、計算が誤っていましたが、合計で19,064PP貯めることができました!一度の旅行でこれだけPPを貯めたのは初めてです!

気になるPP単価は?

この旅程では、エアチャイナビジネスの値段が、142,140円でした。airchina-fee

ということで142,140/19,064=7.46円/PPとなり、PP単価も安く、1回の旅程でかなりのPPを貯められる結果となりました。

前回のSINタッチと合わせると、PPは32,888となり、晴れてブロンズになることが出来ました!

MELPP

SINタッチの報告はコチラ!

先日、初めての修行&初めてのSINタッチを敢行して参りました。 いろいろとハプニングがありつつも意外と良い修行になりました。やっぱあやつのおかげですかね。そもそもSINタッチって何ぞ? ...

今後はANA便重視で!!

そもそもブロンズになるための条件は、30,000PP以上でうち15,000PP分がANA運航便であるのが基本なのですが、私のようにANA便が15,000PP以下であっても、ANAゴールドカード、ANAプレミアムカードを持っていればブロンズにはなることが出来ます。

しかし、プラチナになるには50,000PPかつANA運航便が25,000PP以上となりますので、既にエアチャイナで19,000PPを獲得してしまった私は、今後はANA便を中心に飛ぶようにしなくてはと感じています。(ギリギリまで他社運航便でも良いのですが、安パイでいきたいですし)

でも、1度でも長期間のお休みが取れる方は、エアチャイナの格安ビジネスクラスでの旅程を検討しても良いかもしれませんね。

こちらもオススメ
なかなか書けていませんでしたが、やっとオーストラリア旅行記を書くことにしたいと思います。ちなみに今回はSFC取得に向けたプレミアムポイント獲得も兼ねていますが、今回はあくまで旅行記メインで書いていこう...
メルボルンでは現地のプリペイドSIMを契約して、移動中どこでもスマホで調べ物が出来たり、連絡が出来る環境にしていました。今回はメルボルンで契約したSIMについて紹介します。現地で契約するのって勇気や少...
オーストラリア旅行に行くことについては、先日の記事で触れました。オーストラリアに入国するには、ETASと呼ばれるビザを事前に取得することが必要となります。通常だと、大使館に行って手続き...