念願のプラチナ達成!最後の行き先は?

さて、以前の記事であと1,904プレミアムポイント(PP)でプラチナステータスに達成することをお伝えしました。SINタッチのあと色々と考えていたのですが、行きたい場所でプラチナ達成をしたいと思い、行き先を検討していました。

SINタッチ2回目。行きはSTAR WARSの飛行機に乗れたり、帰りはビジネスクラスにインボラアップグレードされたりと、主に国内線中心に報告していましたが、1回目と同じく、羽田から沖縄、沖縄か...

何となく、50,000PP付近にも収めたいなぁとも思って考え抜いて行き先を決めました。

スポンサーリンク

修行ラストの行き先は?

行き先は色々考えました。北海道、九州あたりかなぁ。沖縄はもう良いや。みたいな感じでした。あまり行かなそうな場所でもいいかなと思いつつ・・・。でも50,000PPは達成しないとっ。SINタッチで保有マイルが20,000マイルあったので、これもSKYコインに交換して安く行こうと考えた結果・・・・

大阪になりました

久しぶりに大阪に行ってみたかったのと、今まで飛行機で行ったことが無かったので一度は行ってみたいなぁと思いました。

旅割28だとPP足りない・・・

ここでプレミアムポイント獲得シミュレーションです。羽田から大阪まで、旅割28はANAのプレミアムポイントシミュレーションによると

HND-ITM_SIM1

片道420PP。往復840PPで1,000PPちょっと不足です。別にもう1フライト増やすとか考えても良かったのですが、シンガポールから帰ってきたハイテンションの頭で考えたので、下のシミュレーションで行くことにしました。

HND-ITM_SIM2

片道960PP、往復で1920PP。50,000PPも達成します。この運賃、「シャトル往復運賃」なんです。

シャトル往復運賃とは?

この運賃は東京ー大阪間のみで販売されている運賃で、出発当日まで販売しています。出発の日から7日以内の範囲で便の変更も可能。(ただし、予約便が出発する前に変更する必要)

また、この運賃ですと、例えば復路をJAL便に予約変更することも可能です。(JALも同様に「シャトル往復割引」として販売)

現在もあるのかは不明ですが、専用カウンターも設けられていたようです。

この運賃は、PPの加算率が区間基本マイルの100%と搭乗ポイント400ポイントも着くため、私の中では価格は高いですが、ちょうど良い旅程になりました。

運賃は、往復で33,480円。うち、28,320円分のSKYコインを使い、負担は5,160円に抑えることが出来ました。

念願の50,000PP達成!プラチナ(の一歩手前)に

このフライトを終え、ついに50,000PPを達成することが出来ました。

プラチナ達成

すでに「来年度プラチナサービス基準に到達しました」と出てますので、もうすぐホームページにもプラチナマークがつくのが楽しみです!あとは、SFCを申し込んで私の修行は完了です!

スポンサーリンク

フォローするっ!

おすすめ記事

コメント

  1. おめでとうございます! いいなあ。羨ましいです。
    私ももう少し、がんばります♪

    • @TravelFun!! @TravelFun!! より:

      >ラグジュアリーさん
      コメントありがとうございます!最後は勢いでやっちゃいました(笑)
      達成まであと少し、応援しています(^o^)