50000プレミアムポイント獲得までの旅程と費用をまとめました!

無事にスーパーフライヤーズカード(SFC)も獲得できて、修行としては一段落。終わってからも、飛行機に乗りたい症候群にかかっています。

さて、今回は私の50,000PP達成までの旅程と費用について公開したいと思います。SFCを検討中の方の参考になると幸いです。

フライトはどれくらい?

過去のブログ記事を読み返すと分かるのですが、私のSFC獲得までの旅程は4回です。

1回目:SINタッチ

2回目:メルボルン

3回目:SINタッチ

4回目:羽田ー大阪往復

では全旅程で何回飛行機に乗ったかというと、SINタッチでは6×2回、メルボルンは4回、羽田ー大阪往復で2回と合計で18回飛行機に乗った事になります。

4回(18搭乗)で終えられたのは、中華国際航空(エアチャイナ)のビジネスクラスで行ったメルボルン旅行で1度でかなりのPPを獲得できたのが大きいと思います。

スポンサーリンク

SFC(50000PP)獲得までのデータ

それでは、私の全旅程と費用を公開します!

旅程獲得PP航空券金額SKYコイン利用実質負担額
羽田→沖縄2,46028,89094,89028,660
沖縄→成田
成田→SIN
4,45261,870
SIN→成田
羽田→沖縄
4,452
沖縄→羽田2,46032,790
羽田→北京2,041142,1400142,140
北京→メルボルン7,491
メルボルン→北京7,491
北京→羽田2,041
羽田→沖縄2,86029,59093,78043,614
沖縄→成田
成田→SIN
4,45273,814
SIN→成田
羽田→沖縄
5,436
沖縄→羽田2,46033,990
羽田→大阪96016,74028,3205,160
大阪→羽田96016,740
合計50,016436,564216,990219,574

半分はSKYコイン、20万ちょっとの負担でした

恐らく、他の修行している皆さんはポイントサイト→メトロポイント→マイル→SKYコインというルートで航空券代をSKYコインで支払い、負担額を少なくしていると思います。私の場合は、そこまでSKYコイン化が出来なかったという感じで負担額が多い方なのかもしれません。まぁ、エアチャイナでのメルボルン旅行はそもそもSKYコインは利用できないのもありますね。

大量のANAマイルを貯めてSKYコインに変えれば、負担を少なくすることが出来ます。

年間20万マイル以上貯めて、国内・海外旅行をタダで満喫するための効率的なANAマイル獲得方法をまとめています。

エアチャイナのビジネスクラス修行は50,000PPへの近道!

上のデータを見てもらえばすぐに分かりますが、1回の往復で19,064PPも貯まります。しかも、ビジネスクラスですが航空券代が14万円台という安さ。日によってはもっと安い旅程もあると思います。しかも、ビジネスクラスなので長時間飛行も楽々です。

これから、もしくは来年からSFCを目指している方はエアチャイナのビジネスクラス修行も取り入れると一層楽にSFCを獲得出来ると思いますので検討してみてはいかが?

以下、私の旅程4回の記録です。

先日、初めての修行&初めてのSINタッチを敢行して参りました。 いろいろとハプニングがありつつも意外と良い修行になりました。やっぱあやつのおかげですかね。そもそもSINタッチって何ぞ? ...
なかなか書けていませんでしたが、やっとオーストラリア旅行記を書くことにしたいと思います。ちなみに今回はSFC取得に向けたプレミアムポイント獲得も兼ねていますが、今回はあくまで旅行記メインで書いていこう...
スターウォーズの機体は何度か見たことはありましたが、今回のSINタッチで初めて搭乗しました。外見から内装までスターウォーズ一色でした! ANAとスターウォーズのプロジェクト これは、「ANA ST...
さて、以前の記事であと1,904プレミアムポイント(PP)でプラチナステータスに達成することをお伝えしました。SINタッチのあと色々と考えていたのですが、行きたい場所でプラチナ達成をしたいと思い、行き...