ANAアップグレードポイントを使ってみました!使いみちは?

ANAを多く利用している方に毎年付与されるアップグレードポイント。その名の通り、必要なポイント数を使うことで座席クラスをアップグレードしてくれるものなのですが、皆さんはどのように利用されているのでしょうか。

今回は、そんなアップグレードポイントについて解説していきます。

スポンサーリンク

アップグレードポイントとは?

ANAのアップグレードポイントは、ANAホームページによると以下の通り説明されています。

1月~12月のANAグループ運航便のご利用で獲得されたプレミアムポイント数に応じて、翌年度のプレミアムメンバーにプレゼントする特別なポイントです。お客様の空の旅がさらに満ち足りたものになるよう、座席クラスのアップグレードやラウンジのご利用などに、お使いいただけます。

ANAホームページより

ということで、獲得したマイルの数ではなく、いわゆる1年間でANA便の利用が多い会員に送られる、プレミアムメンバーサービス(ダイヤモンド、プラチナ、ブロンズ)のステイタス獲得に必要となるプレミアムポイントの獲得数によって、アップグレードポイントの付与数が異なるということです。

1年間でのプレミアムポイント数とアップグレードポイント数の関係は以下の通りとなります。

年間獲得プレミアムポイントアップグレードポイント数
00
1〜9,9994
10,000〜19,9996
20,000〜29,9998
30,000〜39,99910
40,000〜79,99920
80,000〜119,99940
120,000〜149,99950
150,000〜199,99960
200,000〜249,99980
250,000〜100

また、プレミアムメンバーのダイヤモンド、プラチナ、ブロンズのメンバーでかつスーパーフライヤーズカード(SFC)を保有している場合は、4ポイント付与されます。

ここでおさらいですが、アップグレードポイント付与は、

翌年度がプレミアムメンバー(ダイヤモンド、プラチナ、ブロンズ)のいずれかであること
ANA運航便で獲得したプレミアムポイント数に応じて付与される
プレミアムメンバーかつSFC所持している場合は一律4ポイント付与される

プレミアムメンバーについては以下の記事でも触れていますので参考にどうぞ

先日の記事でプラチナ基準に到達したことを報告し、無事にプラチナ事前サービスが開始されました!また、スーパーフライヤーズカード(SFC)の切り替えも無事に完了し、カードが来ました。約半年で修行の...

アップグレードポイントの使いみちは?

前述した、アップグレードポイントについてでも少し記載がありますが、ここからはアップグレードポイントの具体的な使いみちについて説明します。

1.座席クラスのアップグレード

行き先やアップグレードする座席クラスによって必要なポイントは異なりますが、国内線だと普通席からプレミアムクラスに、国際線であればエコノミークラスからビジネスクラスに、ビジネスクラスからファーストクラスへの座席アップグレードに利用することができます。

また、ANA便だけでなくユナイテッド航空便でも利用することが出来る特典となります。特典はプレミアムメンバー本人と特典利用者登録済みの人(2親等以内)が利用することができます。

国内線であれば、ANA運航便を搭乗した際に普通席からプレミアムクラスへ一律4ポイントでアップグレードが可能となります。

国際線の場合は少し複雑です。行き先と購入した座席クラスによって必要なアップグレードポイントが異なるからです。最低6ポイントからとなります。

路線アップグレード
座席クラス
必要
アップグレードポイント
欧米路線エコノミー→ビジネス10
ビジネス→ファースト20
リゾート・東南アジア
・南アジア路線
エコノミー→ビジネス8
ビジネス→ファースト16
東アジア路線エコノミー→ビジネス6
オセアニア路線エコノミー→ビジネス10

更に、このアップグレードは購入する予約クラスによってアップグレード対象となるかが変わります。

旅程開始エリアエコノミー・プレミアムエコノミー→ビジネスビジネス→ファースト
日本地区G/E/Y/B/M/U クラスJ/C/D/Z クラス
日本地区以外G/E/Y/B/M/U/H クラスJ/C/D/Z クラス

いわゆる、安めな国際航空券であるクラス(P,V,Q,V,W,S,T等)はアップグレード対象外となるので注意が必要です。ただし、ダイヤモンドメンバーの場合は上記のアップグレード対象外の予約クラスで購入しても、当日空席があり、座席や機内食等の準備が整った場合に限り、2倍のアップグレードポイントで座席アップグレードを利用することができます。(本人のみ)

2.ラウンジでの利用

通常、プレミアムメンバーやSFCを取得している場合、同行者1名までは無料でANAラウンジを利用することができます。(ダイヤモンドメンバーの場合はANA SUITEラウンジも利用可)同行者が2名以上の場合、2〜4名までアップグレードポイントを利用することでラウンジ利用が可能となります。(スターアライアンス加盟航空会社ラウンジや国際線到着としてのANA ARRIVALラウンジの利用は不可(国内線出発としてのANA ARRIVALラウンジの利用は可))

アップグレードポイントは、ダイヤモンド、プラチナ、ブロンズとも国内線は1人2アップグレードポイント。国際線は、ANAラウンジは3アップグレードポイント、ダイヤモンドでANA SUITEラウンジの場合は4アップグレードポイントで同行者2〜4名までラウンジ利用が可能となります。

また、アップグレードポイントが足りない場合はマイルでも利用することができます。(詳細はANAホームページをご確認ください)

3.ANASKYコインへの交換

保有しているアップグレードポイントはANASKYコインに交換することができます。対象者はMYキャンペーンの対象者限定の欄に「ANAアップグレードポイントANASKY コイン交換キャンペーン」が表示されています。

アップグレードポイント1ポイントで1,000コインに交換することが出来ます。今回、私はこちらを選択して、保有しているアップグレードポイントをSKYコインに交換してみました。

アップグレードポイントは14ポイントあったため、14,000円分のSKYコインに交換することが出来ました。SKYコインの有効期限は交換してから12ヶ月後の月末までとなります。

国内線のアップグレードかSKYコインへの交換が無難?

「座席アップグレード」「ラウンジ利用」「SKYコインへの交換」の3種類の利用方法をお伝えしてきました。この中で、国内線の普通席からプレミアムクラスへの座席アップグレードか、1ポイント1,000円分のSKYコインへの交換が利用しやすいと考えます。

国際線の座席アップグレードは座席予約クラスでアップグレード対象であるかが決まりますが、基本的に格安なチケットではアップグレード対象にはなりません。また、ラウンジ利用はプレミアムメンバー(ダイヤモンド、プラチナ)やSFCであれば同行者1名まで無料で入れます。国際線については、有料ラウンジサービスを提供しており、安くて4,000円です。アップグレードポイントを利用する場合は3ポイントで利用できることから、(SKYコインで約3,000円換算とすると)1,000円分お得に入れるのですが、そのために利用するかどうかというところです。

国内線アップグレードは国際線と異なり、座席クラス等によるアップグレード対象が無いことから、プレミアムクラスに空きがあればアップグレードポイントで座席のアップグレードは容易です。また、SKYコインへの交換に関しては、1ポイントで1,000円分のSKYコインとなり、航空券代に当てることが出来るため、安いチケットをさらにSKYコイン支払いで直接的な値引きが出来ることからお得感はあります。

どのように利用するかは人それぞれだと思いますが、飛行機の利用頻度、利用スタイルに応じてアップグレードポイントを効率的に活用していきたいところですね。