オークランド到着!空港から市街までの行き方|オークランド旅行記3

エアチャイナの格安ビジネスクラスで行く、ニュージーランド・オークランド旅行。北京から約12時間のフライトを終え、オークランド国際空港に到着しました。南半球はオーストラリア・メルボルン旅行に次いで2回目。今回はオークランド国際空港の到着からレポートします。

スポンサーリンク

オークランド国際空港はニュージランドの中で最も大きいハブ空港

ウィキペディアによると、オークランド国際空港はニュージーランドの中で発着便も多く、最大のハブ空港とのことです。国際線と国内線でターミナルが分かれており、ターミナル間は無料バスで移動することが出来ます。ただ、国際線で到着した際は、そこまで大きな空港のイメージはありませんでした。

到着ロビーまで

飛行機を降りたら、ほぼ一本道なので迷うことはありません。案内板を見て「PassportControl」や「Bag Claim」に向かいましょう。

入国審査に向かう途中にはTravelexの両替所がありますが、今回は利用していないため、レートが良いかは分かりません。一般的に空港よりも市街の両替所が安いので、クレジットカードを持っている方は市街まではクレジットカードを利用しても良いでしょう。

更に進むと、ニュージーランドの先住民族であるマオリの門があります。

更に進みます。外にはニュージーランド航空の機体がたくさん!ニュージーランドに来たんだなという感じがしてきますね。

また、到着ロビーにも免税店が並んでいます。家電、携帯電話やワイン等のお酒が売っています。

免税店を抜けると、入国審査です。

入国審査を終えると、1つ下のフロアに降りて税関審査となります。日本とは異なり、大きい荷物はX線を通して検査しているため、結構人が並んでいました。また、一人ひとりに何を持ってきているかを聞いていきます。「荷物はこれだけか?」「他にもトレッキングシューズは持っているか?」などを聞かれました。なぜこんなにも厳重なのか調べてみると、外来種の侵入を防ぐために厳しい検査をしているようです。特にアウトドア用品の持ち込みは厳しいようですね。私が他にシューズを持っているかを聞かれたのは、下のブログを見て納得しました。

また、免税範囲についても注意が必要です。ニュージーランドの主な免税範囲は、以下のとおりです。

品名免税範囲
ビールまたはワイン4.5リットル(750ml×6)
スピリッツ
リキュール類
その他アルコール飲料
1,125mlボトル3本
紙巻たばこ50本
刻みたばこ50g
葉巻たばこ10本
その他700NZドルまでの物品

最新の免税範囲等については、ニュージーランド税関ホームページ(英語)や、日本の旅行サイトや旅行会社へ問い合わせを。特にタバコを座れる方は、日本国内の空港免税店等で1カートン購入しても、免税範囲を超えるため注意が必要です。

入国時の荷物チェックが終わり、先に進むと到着ロビーに出ます。

カフェやファストフード、両替所等があります。一つ上のフロアにも売店などがありますので、休憩してから市街に向かうのも良いですね。

オークランド空港から市内へ

オークランドは空港から市内への電車はありません。空港から市内へ向かう方法としては、バス、タクシー、シャトルバス(乗り合いバン)、レンタカーがあります。バスは価格も安く、市内の主要なバス停に停車するため、今回はバスをチョイスしました。その他の交通手段も、人数によっては割安であったり、目的地の前まで行くことが出来るのでバスよりも便利な面もあります。

スポンサーリンク

SkyBusで市内へ向かう

オークランド空港の到着ロビーを出ると、道路を挟んだ向かい側に、SkyBus乗り場があります。近くにチケット売り場がありますので、チケットを購入しましょう。片道18NZドル(約1,450円)、往復32NZドル(約2,550円)と往復で購入したほうがお得です。支払いは現金のほか、クレジットカードも利用できます。また、オンラインでの購入は片道17NZドル(約1,350円)、往復30NZ(約2,400円)ドルと更にお得になります。詳しくはSkyBusのWebサイト(英語)を参照ください。

チケット売り場のすぐ近くに乗り場があります。すでに列が出来ている場合がありますので、所定の場所に並びましょう。

既に停まっていたバスが出発してしまっても、すぐに来るので焦らずに待ちましょう。SkyBusは、24時間365日空港と市内を、早朝(AM4:45〜7:00)と晩(19:00〜23:45)は15分間隔、日中(7:00〜19:00)は10分間隔、深夜帯(23:45〜翌4:45)は30分間隔で運行しているとても便利なバスです。

SkyBusと書かれたバスが来たら、事前に購入したチケット(もしくはレシートや端末に保存したバーコード)を係員に提示して乗りましょう。

バスは前方から乗り込みます。前方には荷物置き場があるので、キャリーバッグ等の大きな荷物はそこに置きましょう。その後、後方にある座席に座って目的地近くのバス停に着くのを待ちましょう。やはり運行間隔が短いのもあってか、そこまで混雑することもなかったです。なお、空港から市街までは約60分弱でした。

SkyBusは無料Wi-Fi完備

バスには無料のWi-Fiがありますので、目的地のバス停をスマートフォンの地図をみて調べることも可能です。観光地を調べることも出来ますし、便利です。

端末のWi-Fi機能をONにすると、「Skybus-free-Wi-fi」と出てきますので、接続します。その後、Webブラウザを起動しましょう。

Webブラウザを起動すると、上記のような画面が出てきます。利用規約に承諾の場合は、チェックを入れて「Connect」ボタンを押します。

すぐにConnecting…画面になります。その後、完了画面が出てきて接続が完了します。ちなみに、Wi-Fiのスピードはどんなものか「RBB TODAY SPEED TEST」アプリを用いて調べてみました。

上下ともスピードは約1Mbpsとなりました。LINEやインターネットで調べ物をしたり、Googleマップで現在位置を見たりするには十分なスピードです。

いよいよオークランド観光へ

今回の旅で宿泊するホテル近くのバス停で降車しました。早速おしゃれな通りを発見。

次回はいよいよオークランド観光レポートです。約3日間の観光をギュッと濃縮して紹介する予定です!