【バイブル3】ANAマイレージクラブカードとANAカードではこんなに違う

スポンサーリンク

ANAカードに入会するメリットとは

ANAマイレージクラブカードは無料で入会できるサービスです。一方、クレジット機能付きのANAカードは一般カードでも初年度年会費無料カードもあるものの、次年度からは年会費が2,160円がかかります。
近年、年会費無料のクレジットカードが多く出回っている中、年会費が必要なANAカードに入会するメリットは何でしょうか?
一番のメリットとしては、ANA便の搭乗時の割増ボーナスマイルです。割増率はカードの種類によって異なり、加算率は10〜25%になります。そして入会ボーナスマイルやカード継続(1年毎)時にもマイルを受け取ることができます。
他の特典として、ANAカードマイルプラス加盟店でカード決済した場合、クレジットカード会社のポイントとは別にマイルが加算されます。加盟しているのはホテル、レストラン、引越、ファッション、総合通販など、その店舗はどんどん広がっています。
更に ANAカード会員の場合は機内販売、ANA FESTA、A-styleや旅行商品の割引があるので、購入品が高額であれば割引分だけで年会費を相殺することもできます。
また、クレジット会社分のポイントをマイルへ移行することができますが、カードの種類やマイルの換算率によって移行手数料が発生します。
年会費は必要ですが、各種ボーナスマイルや割増ボーナスマイル、更にはマイル提携を行っている場所を積極的に利用することでANAマイレージクラブカードよりも遥かに多くのマイルを獲得することがANAカードでは可能なのです。
ANAカード一覧

限定イベントの参加資格

ANAカード会員になると、一般にはあまり知られていない航空会社ならではの限定イベントに参加できるチャンスがあります。
例えば2015年11月14日には国際線ビジネスクラスの機内食試食会と機内食工場内の見学会が催され、普段聞くことができない航空機についての話しを聞いたすることができます。(参加者は抽選で決定し、対象者は一人10,000マイルが必要)
マイルが多く貯まっている方は参加してみてはいかがでしょう?