【バイブル6】飛行機に乗ってマイルを貯める-国際線-

スポンサーリンク

海外に行くときは提携航空会社を利用しよう

現在、ANAはスターアライアンスに加盟しています。従ってスターアライアンスに加盟している航空会社を利用すれば、マイル登録が可能です。更に、スターアライアンス以外にもマイレージ提携を行っている航空会社があるので同様にマイル登録が可能です。
スクリーンショット 2016-03-27 16.56.59

但し、航空会社によっては割引運賃や包括旅行運賃ではマイル積算対象外だったり、基本区間マイレージの30%と少ない積算率の場合があります。

その他、コードシェア便の場合、便名が提携航空会社であっても実際の運航便が提携を行っていない航空会社の場合にはマイルを加算できないことがあるので注意が必要です。
提携航空会社

マイレージの登録名と搭乗名が異なるとマイルは加算されない!?

国際線の予約名はパスポートと一致している必要があります。従ってマイレージの登録名もパスポートと同じでなければいけません。しかし、婚姻などにより苗字が変わり、マイレージ登録名とパスポート名が異なる場合があります。その場合、搭乗名と登録名が異なるため、事前にマイレージの登録手続きをしても、氏名不一致でマイルが加算されない場合があります。後日マイル口座に搭乗分のマイル加算が確認できない場合には、事後登録手続きが必要になる場合があるので航空券控えと搭乗券は保管して、マイレージセンターへ問い合わせてみるのが良いでしょう。

インターネットで提携航空会社を予約する際の注意点

 インターネットで提携航空会社のフライトを予約する際、まれに会員登録を促されるケースがあります。その際、画面に従って会員登録を行うと、そのまま当該航空会社のマイレージ会員となり、自動的にマイルも加算されてしまいます。

マイルは一旦積算されてしまうと他社へ移行することはできません。これを回避するには、実際に搭乗する際にチェックインカウンターで登録済みの会員番号を削除し、ANAマイレージの番号に変更してもらう必要がります。何れにせよマイル登録が確認できるまでは航空券の控えと搭乗券は残しておきましょう。

搭乗後のマイル加算は会員専用ページから 6ヶ月以内のANA便、もしくは提携航空会社の搭乗であれば、マイルの加算手続きをすることができます。手続きは至って簡単で、ネットの会員専用ページから搭乗日、便名...