電力自由化でANAマイルを賢く貯める!!

最近話題の電力自由化。民間の会社が電力を販売したり、発送電分離とかよく耳にするようになりました。
今回は、電力自由化でもANAマイルを貯める方法を調べてみました。
6e5d0e59

スポンサーリンク

そもそも電力自由化とは?

電力自由化とは、現在北海道電力、東北電力、東京電力、中部電力、関西電力・・・といった、各地域の電力会社を通じて家庭の電力を契約しています。2016年4月から、既存電力会社に加え、新規参入業者等の様々な会社からユーザーがサービスを選択して電気を契約することができます(電気小売りの自由化)。これにより各種サービスとのセット割やポイント付与による割引サービスも増えることになりそうです。
既存電力会社も新規参入業者を黙って見ているわけではありません。携帯電話事業者、ポイントサービス会社との提携も進めており、既存の電力会社を継続することでもお得になるような料金、サービスを次々に発表しています。
6287fd6e

各社のサービス

2016年1月17日現在では、まだ詳細な料金、サービスを発表していない会社もありますが、既に発表しているもののうち、主な事業者のサービスを見てみましょう。

 事業者特徴貯まる
ポイント
東京電力 契約アンペア数に応じたプランに加え、その月の電力使用量に応じた基本料金設定Tポイント
Pontaポイント
中部電力 2年契約で割引nanacoポイント
WAONポイント
dポイント
関西電力 24時間365日対応の「でんきの駆けつけサービス」Pontaポイント
WAONポイント
dポイント
auポイント
ソフトバンクスマホ、ネットとのセット割orスマホデータ量増Tポイント
ENEOSENEOSカードで1円/L引き、特別提携カードでポイント、マイル付与Tポイント
J:COMケーブルテレビ契約で電気料金割引なし?
東京ガス電気+ガス+ネットのセット割Pontaポイント
楽天ポイント
Tポイント
WAONポイント

詳細な電気料金は価格.com等の自由化専門サイトで比較できます。http://kakaku.com/energy/
また、各事業者によって、提供エリアが異なりますので、契約時には提供エリアの確認が必要です。

スポンサーリンク

ANAマイルに移行できる電力サービスは?

5e4c9233
上記の各電力会社のサービスのうち、ANAマイルに移行出来るものとしては以下のサービス、ポイントが挙げられます。
◯東京電力(Tポイント)※1000円毎に5Tポイント
◯中部電力(nanacoポイント、WAONポイント)※アンケート等でのポイント付与
◯関西電力(WAONポイント)※アンケート等でのポイント付与
◯ソフトバンク(Tポイント)※1000円毎に5Tポイント
◯ENEOS(Tポイント)※200円毎に1Tポイント
◯東京ガス(楽天ポイント、Tポイント、WAONポイント)※サービス利用等でポイント付与

Tポイント、nanacoポイントはそのままANAマイルに移行できます。(500ポイント→250ANAマイル)
WAONポイントは、Suicaポイント、Tポイントを経由することでANAマイルに移行できます。(最低700WAONで移行可。250ANAマイルに移行と10Tポイントの余りが出ます)
楽天ポイントはそのままANAマイルに移行できます。(50ポイント→25ANAマイル)

ENEOSが提供する「ENEOSでんき」はANAカード支払いがお得?

ENEOSでんきは、Tポイントを貯めることができますが、特徴に記載した特別提携カードでのポイント付与がお得です。Tポイントだと、200円で1Tポイント付与となりますが、0.5倍の還元率となってしまうことから移行時にポイントが半減します(500Tポイントで250ANAマイル)。ANAカード支払いにすると、200円で1ANAマイル貯めることができます。(Tポイント付与と特別提携カードのポイントの二重取りは出来ませんが、クレジットカードポイントと特別提携カードポイントorTポイント付与は可能です)
東京電力も1000円毎に5Tポイントですので、ANAマイルへの移行を考えるとENEOSでんきのANAカード支払いの方が貯まりやすくなっていますね。
これからも新サービスやポイントサービスが出てくる電力自由化
電力自由化に伴い、料金だけでなく、ポイント付与といった付加価値サービスがますます充実するでしょう。我々消費者は、各社のサービスを把握し自分に合った電気サービスを選んでいく必要がありそうです。
まだ、料金やサービスの全貌が見えてこない会社もあり、4月の電力自由化開始に向けてアンテナを高くするしていないと、実は損をしていたということにもなりかねません。
なお、今回はANAマイルに特化して説明していますが、もちろんJALマイルを貯めることもできます。

引越しシーズンには見直したい電力自由化!

これからのシーズン、就職、入学、転勤、転職・・・と新生活に向けて準備する方もいるでしょう。今すぐに電力サービスを変えるのではなく、引越しのタイミングに合わせてガス、水道の契約と電気のサービス提供会社を見直すのも良いかもしれませんね。

何はともあれ、今年は電力自由化に目が離せません!!