ヤンゴン国際空港スカイスマイルラウンジレポート!

48時間、2泊3日のヤンゴン観光を終えヤンゴン国際空港へ向かいます。市街から空港までは混雑の影響も考えると約1時間くらいかかると考えても良いと思います。市街からは、タクシーが一般的になると思います。行きと同様で約7,000チャット程度を目安に考えましょう。私はタクシーがなかなか捕まらずに、やっと捕まったタクシーだったので8,000チャットでOKしましたが・・・。

タイスマイル航空を使ってバンコクからヤンゴンに到着しました。ヤンゴン国際空港はそれほど大きくもなく、便が行き交っているわけでも無いようで、入国審査はスムーズに終えました。ちなみに、税関申告を渡した際に...

ヤンゴン国際空港から市街までの移動については上リンクを参考にしてください。

スポンサーリンク

ヤンゴン国際空港の荷物検査は2回

ヤンゴン国際空港の出発ロビーからチェックインカウンターの間に、荷物検査場があります。チェックインカウンターに入るには、パスポートとE-チケットを提示。その後、1回目の荷物検査をします。ここでは、細かいものは見られません。

rgn_checkin

分かりづらいが、右奥が荷物検査場。左はチェックインカウンター。

2回目は出国審査を終え、搭乗口の前にあります。ここでは液体物、ライター等の細かいものまでチェックされます。どうやら、ライターは1本でも持ち込みNGのようです。

ヤンゴン国際空港のラウンジは3箇所

空港内のラウンジは3箇所あります。全て出国審査後になります。出国審査場すぐ左に見えるのは、「Royal Jade」ラウンジ。こちらは、タイ航空、マレーシア航空、中国南方航空、大韓航空、中国国際航空、シンガポール航空、ベトナム航空、アシアナ航空が利用できるラウンジです。

rgn_royaljade_lounge1

出国審査後すぐにあるRoyalJadeラウンジ。

奥に行くと同じ名前のラウンジがもう一つあります。今回行った時は暗くて開いていなかったのですが、タイ航空、中国南方航空、マレーシア航空、大韓航空が使えるラウンジのようで、何が違うのか気になるところ。

同じ名前のラウンジが奥にもある。

同じ名前のラウンジが奥にもある。

ANA指定のラウンジはプライオリティパスでも使える

今回行ったラウンジは、「スカイスマイルラウンジ」です。こちらは、入口にも書いてありますが、ANAのプラチナ、ダイアモンド、スーパーフライヤーズ会員、ビジネスクラス、ファーストクラス利用者が使えるラウンジのようです。

出国審査後、ひたすら奥に進むとスカイスマイルラウンジがある。

出国審査後、ひたすら奥に進むとスカイスマイルラウンジがある。

今回は、タイスマイル航空利用だったため、プライオリティパスで利用です。

中は広々していました。この時間は空いていて、私と白人の男性の2人だけでした。ちなみに喫煙所、シャワーはありません。

ラウンジの中は広々していた。

ラウンジの中は広々していた。

足マッサージ機が設置されていた。

足マッサージ機が設置されていた。

料理は、パスタ、サンドイッチ、カップ麺、ケーキなどそれなりに充実していました。味も悪くなかったです。ドリンクはソフトドリンクが豊富でした。事前にネットで調べた時は、ヤンゴンビールも置いてあると書いてあったブログがあったのですが、私が行った際はありませんでした。時間帯によるんでしょうかね。

料理は充実していた。

料理は充実していた。サンドイッチが美味しかった。

ソフトドリンクも充実していたが、アルコール類は置いてなかった。

ソフトドリンクも充実していたが、アルコール類は置いてなかった。

プライオリティパスで搭乗時間までラウンジでマッタリ

ヤンゴン空港は豪華な免税店は無く、お土産屋さんとカフェしかありません。プライオリティパスがあればANAと同様のラウンジに入ることが出来ますし便利です。また、時間によりますが、静かですし、ゆっくり搭乗時間まで待つことが出来ます。

楽天プレミアムカードならカード年会費10,800円でプライオリティパスが付帯サービスとしてついてきます。これから旅行を考えている方、スーパーフライヤーズを目指す方は旅をラクにしてくれるカードになること間違いなしです!

もう師走ですね。イーペン旅行記も書いているところですが、たまにはSFCの準備状況についても書いておこうと思います。 楽天プレミアムカードを作る 以前の記事にも悩んでいることは書いたのですが、ようや...